なんで幼子に虫歯が出来たら、父母の必要って目で見るヤツがいるんだろうって、イライラしてしまう時があります。と言うのも、虫歯は歯のクオリティのスゴイとこちらは確信しているからだ。

うちの長男なんてもはや仕上げ磨きの世代じゃないから、本人任せで随時見てると「はい、やり直し!」っていうほど適当なハミガキだけど、エラいポイントに14通年虫歯一本も無しの歯の壮健優良児です。それでも、次男はちょっとこちらが完璧に済ませ磨きを通じていた3歳で初虫歯を経験してしまい、歯医者の顧客だ。

双方とも同じように育てて、おんなじ食事をして大人から虫歯バイ菌がうつらないように頑張ってたのに、こういう大小…強要次男は恋人の歯のクオリティの遺伝だと思うんです!!

世の中には幼子のハミガキが適当な父母がいるかもしれないけど、虫歯ありの幼子の父母が皆あんなヤツみたいな目で見極めるのは真剣にやめてほしい…
もしもし次男が6歳くらいのところ超絶で会った、見ず知らずのこちらに
「奥様、ハミガキちゃんとしてあげてくださいよ」って話しかけてきたおばあちゃん!!笑

本日長男の友達の奥様が
「うちの子虫歯が多くって、私の力不足だって自省してるのー」って言ってたのを聞いて思い起こした物事でした。いつの間にか黒ずみが消える。そんなことがあるのかしら?